ウォーターサーバーの種類について

一言でウォーターサーバーといってしまっても実はいくつかの種類が存在しており、特に使用されている水の種類だけでも非常に幅広いものになっています。
そのため、まずはお試し期間などを利用して実際にウォーターサーバーを使ってみて、自分たちに合う種類のものなのかどうかと言うところを検討することが大切です。

マイナビニュース情報はこちらに集まります。

そんなウォーターサーバーで一番分かりやすい種類の違いと言うのはサーバーの大きさであり、一般的な設置型のもののほかに最近主流となっているのが卓上型です。


一般的な設置型は大きさとしては立ってる女性の目線程度の大きさとなっており、女性でも配送された水のボトルを交換しやすいようなサイズになっています。また、最近ではボトルの設置場所が下になっているタイプもあり、持ち上げることに負担を感じている女性にとってはありがたいスタイルになっています。



ただ、このタイプのウォーターサーバーはある程度場所を必要としており、場合によっては家具を移動させなければならないというデメリットもあります。



そんなデメリットを解消したのが卓上型であり、これは名前の通りどこかの上に設置することができるコンパクトサイズのウォーターサーバーです。
なので通常のサイズよりも場所をとることがないので食器棚の中やテーブルの上など自由なところに設置することが出来ますし、ボトルのサイズもコンパクトになっているので女性だけではなく子供でも気軽に交換することができます。